介護業界へ転職を考えている方へ

200万人が利用する転職率No.1の転職サイト

 私は、25歳の時に、それまでの職種と全く違う介護の世界に飛び込みました。

 

 介護業界は、求人数は沢山あります。ヘルパー2級以上の資格を持っていないと仕事ができないと考えている方が多いのですが、実際は資格が無くても、仕事をすることができます。

 

 施設のような大人数の介護を行っている場所などがそれに当たります。デイサービスのような場所では、なかなか難しいかもしれません。

 

 この仕事に向いている方は、まず高齢者が好きな方です。これは、排泄や入浴など高齢者に触れる機会が多いためです。最低限、高齢者と接することに抵抗がない方でないと、務まらない仕事です。

 

 もう一つが、感情に流されない考え方を持っている方です。実際に現場で働くとわかるのですが、感情が先に出てしまう方は、周りの職員とうまく連携が取れません。以前実際にあったのですが、飲み込みが悪く、言語聴覚士という専門職に診てもらった結果、食事を摂取することが難しいという判断が出た高齢者がいました。

 

 主治医や家族、ご本人は認知症があり分からない様子でしたが、全員で相談し、経管栄養をすることになりました。(胃に直接栄養を入れる方法)。その時に、ベテランの職員が、どうしても食べさせてあげたい!という気持ちから、おやつを食べさせると家族に伝えてしましました。

 

 食べさせてあげたいという感情が先に出たため、実際に食べることができない方へおやつを食べさせようとしてしまったのです。感情も大切ですが、論理的、医学的な根拠をもって、仕事ができる方でないと、この仕事は務まりません。